2012年12月21日金曜日

e-maxの作り方 ♯1

e-maxの作り方を説明します。







模型分離材を塗布し、マージンワックス
をコーテングします。














カービングワックスで歯冠形態を築盛します。

 











シリコンパテを使って唇面のコアを
とります。

これはカットバック後のスペースの
確認とセラミック築盛時のサポート
に使用します。













切縁を2mm程度と唇面をカットバック
します。


















カットバック完了。
















厚みの確認。

築盛するセラミックの厚みを考慮して
スペースを調整します。

この形に400MPa強度のインゴットが
圧入され、その表面に100MPaの
emax ceramを築盛します。
舌側は強度を考えてインゴットのまま。












スプルーイングをします。
















一個だけ埋没するときはスプルー
だけ付けます。



emaxインゴットの選択としては次の種類があります。


レイヤリング用

MOインゴット(ミディアムオペーシティ)
HO(ハイオペーシティ)

















ステイニング用

HT(ハイトランスルーセンシー)

ステイニング用



ステイニング及びカットバック用


LT(ロートランスルーセンシー)















続く  e-maxの作り方 #2




関連ブログ      真っ白いブリーチング色のe-max 真っ白い歯














 

0 件のコメント:

コメントを投稿